節分、立春も終わり、春はすぐそこ!
悲しいかな、今年は本当に「春」の気配がすぐそばに… 冬は冬らしくあってほしいものですね。

先日、近隣の某スキー場まで、オピタノの古くからのお客様、Ⅰ様にお会いしに行ってきました!
スキーウェア再開、のNEWSを受け、早速にご連絡下さいました。ありがとうございます。

毎週末、こちら方面の某スキー場までお越しになっているとのことで、スキーウェアのお話をさせて頂きましたが、それ以外に楽しいお話をたくさんお伺いできました!
私たちより、スキー歴も長く、面白いお話が盛りだくさん、どちらがお客さんか分からない?!

なんとⅠ様、『SKWAL スクォ―ル』という1本板のスキーをされているそうです!
お写真も撮らせて頂きました↓
20190202_igarashi1

『SKWAL スクォ―ル』とは、
サメ、という意味があるそうで、止まれないとか、獰猛とか、迫力があるとか、そんなところから来ているようです。

スキー場で見かけたことはありますが、近くで見たのは初めて!
すっごく難しそう… いや、難しいでしょう。
スキーで中級以上の人でないと、難しいそうです。

この日は、私たちがスキーをする時間がなく、実際に滑っているところを拝見できなかったのですが、次回はぜひ!とお願いしてきました。
翌日、YOUTUBEで検索すると…
いや、すごい迫力!!!肘を使って滑るんですね。めっちゃ早いし、難しそうだし、怖い…
でも、とってもCOOL!

日本では、50人くらいしかいないそうです。
わたくしもいつの日か、体験してみたいです(^^) (一生無理かも…スキーで中級になれるかどうかも、怪しいので!)

オピタノのお客様は、面白いこと・楽しいことをされている方が多いですね!
お話を聞くのも、とても楽しくて、時を忘れてしまいます。
これから、スキーウェアカスタマイズに来られるお客様とお会いするのが、とても楽しみです♪

そしていつか、ご一緒に滑れるように、しっかり修行しなくては~!

オピタノ社長も、頑張っています!少しは上達したかな???
20190131_1  20190131_3

スキーは自然を感じられるのが、良いですね。
人工的なコースより、出来る限り自然な山を利用したスキー場が、この周辺にはいくつかあります。
野生動物の足跡を見つけたり、遠くに見える山々を眺めたり。
大自然のパワーを頂きながら、元気に滑っております。

もしスキー場でカエルウェアを見かけたら…ぜひお声をかけて下さいね!