昨日に引き続き、ワンちゃん記事です!

本日は、サイズについて…
せっかくクールウェアを着るなら、最大限に涼しく過ごせるようにしてあげたいですよね!
どんな感じのサイズが、ワンちゃんにとって快適なの?
本日は、お客様からお送り頂いたお写真で解説させて頂きます

ベストなサイズは?
クールウェアは、「ぴったり」着るよりも「ゆとりがある」ほうが涼しく過ごせます。
私たち人間だと・・・たとえば、アロハシャツやムームー。
「ゆったり」していて風が通るようなサイズのものを着用していますよね。
クールウェアも、まさに同じ!
特に、水で濡らした時には冷たい空気が衣服内に流れるように、余裕があるほうが断然涼しいです。

>>>GOOD!”これくらいがベスト! 胴と衣服の間に3~5㎝程度のゆとりがあるのが、ベストです。
bigul_morikawa ⇒ BlogPaint

↓ >>>GOOD!”こちらのワンちゃんもベストなサイズです。
お腹の一番下と、ウェアにラインを入れてみました(右写真)5㎝位ゆとりがある感じですが、体全体がクールウェアに包まれるので、とても涼しい状態になります。
inunomori shunauzer ⇒ BlogPaint

その他のGOOD!な例はこちら。
取扱店の「犬の森POM」さんからお送り頂いた写真ですが、皆さんベストなサイズですね!
素晴らしい
IMG_5889 UTP250C2011_sajyu



↓ピッタリになってしまっている例はこちら
IMG_0063 IMGP3294
身体にぴったりフィットの着方は、涼しさが低下してしまいます。
もちろん涼しくないことはありませんが、ベストなのはゆとりがある着方です。
ただし、コーギーはゆとりがあると足が抜けてしまうので、この着方しかできない場合も。
また、クールウェアということではなく、秋冬に「汚れ防止」「紫外線対策」として、濡らさずに着る場合には、このような着方でOKです。
※どちらのワンちゃんも、クールウェアの特性を理解したうえで、状況や犬種に応じてこのように着用しています。間違った着方ということではなく、ピッタリの例として掲載させて頂きました。
左はコーギーちゃんの為、ゆとりのあるサイズはNG。
右は、秋に汚れ防止として、濡らさずに着用しています。

続きは、また明日…

今年も残り僅かとなりました!お急ぎください!
如何でしたでしょうか。少しでも参考になれば、幸いです。
そんな超涼しい高機能オピタノクールウェアも、残り僅かとなってきました…
今の時期のお勧めは長い時間涼しい ハイブリッドハイパークールSP
UTP264P_3colors_LS_top

今年は、左側にカエル柄生地を使った、ゴージャスバージョン
(来年は、また無地バージョンに戻るかもしれません…)
こちらですと、M~2Lサイズまで在庫がございますので、お見逃しなく!

今年は一段と暑さが厳しいようですので、どうぞワンちゃんの熱中症対策にお役立てください♪

 オピタノ・ワンちゃん用クールウェア⇒ こ ち ら